So-net無料ブログ作成

憧れの薔薇*5月 [庭情報]

よく雑誌などでオープンガーデンにされてる一般家庭の方は、
広いお庭いっぱいに何種類ものバラで埋め尽くして、
「まるでバラ園のようだなあ」でも「手入れが大変そう」と感心するばかりで...
まだその頃はバラの魅力に気づいていませんでした。

しかし、ちょうどサロン・ド・テ エミリーオープンの2010年、
専門誌を見て一目惚れして、こんな素敵なバラなら育ててみたい*
と出会ったのがこのPierreちゃんでした⁂
バラどころか、庭作りさえ素人ながらも思い切って購入!
まだ発展途上の秘密の中庭に地植えして、翌年の夏に初めて花を咲かせ、
その翌々年の夏あたりから、ようやく”ピエール・ドウ・ロンサール”っぽくなってきました*

その薄桃色からグラデーションを帯びてピンクがやや濃くなり、
繊細に折り畳まれたプリーツの花びらを、日一日と広げてゆき、
少し重そうに頭を垂れるその姿は、
恥じらいを浮かべた少女のようでいて、
どこかミステリアスな貴婦人をも思わせる...

IMG_2291.JPG
2年ほど前から、挿し木で増やした分身のピエールを
前庭の、以前チロリアンランプがあった場所に鉢植えで設置しております。
今年はとても花付きがよく、中庭より株が新しいせいか葉の生育状態も◎
ローズで看板が隠れてしまい...来月9周年を迎えることもあり、
思いきって看板を描き直しました*
古い看板も描き直して、近隣の取り壊しによる解放区から垣間見られるよう
中庭の後方に設置。見つけられるかな。。
いずれも...おそらく今月いっぱいが見頃です。
薔薇好きの方は是非ご予約の上、ご来店ください⁂(2019.5.19)

P1010780.jpg
昨年は虫に悩まされて散々だった可哀想なPierreちゃん。。
今年は全盛期年ほどではありませんが...ようやく美しいピンクの花が咲き始めました*
(2017.5.16)

PICT1069.jpg
いつ眺めても「今日が一番美しい⁂」とうっとり♡
ローザリアンから見られたら、まだまだひよっこですが。。
まるでパパラッチか、“ミスフォトジェニック”に群がるアマチュアカメラマンのように、
毎日”バシャバシャ”撮ってしまいます。。
親バカ(?)ですみません。。。
うちのPierreちゃんを見るなら...
「今でしょ♪」(2013.5)