So-net無料ブログ作成

パリの思い出デザート* [きまぐれメニュー]

emilie*は、お菓子は専ら食べる側で、それほど手作りすることはありませんでしたが...
当時在仏時の必需品だったOvniという日仏新聞に掲載されていたレシピを参考に、
オーブン不要(持っていなかったので)でできるメニューを作ったり、
日本の文化教室にあたるaddacの家庭料理教室に通ったりして覚えました。

中でも印象に残っているのは、帰国時に「帰国売り」と称して
日本に持って帰るには及ばない家電製品や雑貨などをフリーマーケットのように
自分のアパルトマンで売った際、唯一訪れたフランス人のmonsieurが
(何を買ってくれたか忘れましたが)「クレープ作るから○○と△△を用意して」
と言ったかと思うと、勝手にキッチンで焼き上げたクレープが
シンプルだけどおいしかったな〜⁂


*ブルーベリーのクラフティ*

P1020190.jpeg
今年はたくさん収穫でき、何か新メニューを考えていたところ…
在仏時に、フライパンでサクランボのクラフティを作っていたことを思い出し、
目の疲れを癒してくれるブルーベリーで代用するのを思いつきました♪
豆乳ときび糖を使ったやさしい甘さ…
お好みでバニラアイス&ブルーベリージャムを添えて召し上がれ*
(2018.9.15)


*クレープと豆まき*

PICT0776.jpg
フランスでは、2月2日は"la Chandeleur"(聖燭祭)という祝日で、
この日にキャンドルを灯し、クレープを食べる習慣があります。
クリスマス(冬至)から40日後にあたるこの日は春の到来を祝い、
一年の幸運と繁栄を願い、手にコインを握りながらクレープを焼き、
うまくひっくり返せるかどうかの運試しをします。

日本でも2月3日の節分は立春の前日にあたり、春を愛でる心は
洋の東西を問わず同じなのですね*

そんなわけで...
今週は気まぐれメニューに”豆乳のクレープ”が登場!
emilie*が片手にコインを握りしめながら焼いています♪
Bonne Mamanのマロンクリームにメープルシロップと
シナモンやカルダモンのミックススパイスパウダーをかけて召し上がれ⁂
3日にご来店のお客さまには、ご一緒に豆まきをして福を呼び込みたいと思います♫
さあ、外は少しずつ暖かくなってきました。
お出かけして春からの幸運をお祈りしましょう*
(2013.2.2)