So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

本とおやつ茶会* [ワークショップ]

*本とおやつ茶会*

秋も深まり、お部屋でのんびり過ごしたくなる季節...
2回目のゆるい読書会を開きます。
今回は、心がほっこりするようなこの時季におすすめしたいお気に入りの一冊と
おやつ(もしあればB.G.M.にしたい音楽も)を持ち寄り、
みんなでシェアしながら楽しみたいと思います。

当日は、少し早いクリスマス気分を味わえるハーブティ&雑貨をご用意して、
みなさまのお越しをお待ちしています。

P1020205.jpeg

日時; 11/23(金)祝日&満月 13h30〜15h00
参加費; 1,000円 (ハーブティー&お菓子付)
持参物;おすすめの本とシェアできるおやつ
ドレスコード;何か光るものを身につけてお越しください。

******************************

きりりと冷たい空気が感じられるよく晴れた日、
「本とおやつ茶会」を開きました。
第2回目となるこの読書会は、意外にも参加希望者が少なくなく...
ただ日程をすべての方に合わせられず、
(参加できなかった元高校の国語教諭や元図書館司書の方々からは、わざわざ
おすすめの本をメールでいただき、当日ご紹介させていただきました*)
少人数でしたが、こぢんまりとしてよい雰囲気の会となりました。

当日のウエルカムウオーターは、集中力を高めてくれるローズマリーの
ホットウオーターをチョイス。
サロンのアロマオイルは、不安を和らげ、身体を温め、気管支系に働きかけてくれる
フランキンセンスで、緊張をほぐし、外の寒さから守って差し上げたらと思いました。

P1020225.jpeg
恒例のドレスコードチェックの後、
各自持ち寄ったおすすめの本を思い思いの方法で紹介します。
一冊に決められず複数の本をご持参いただいた方もみえました。
ご紹介いただいた後に、自然と感想や意見を交わし合えたのも、
”少人数だからこそ”のメリットかも...

P1020227.jpeg
全体的に自分が弱っている時、心の支えになってくれそうなお守り的なもの、
気分転換できそうな心のデトックス的なものが多かったような気がします。

P1020230.jpeg
その後は楽しいティータイム♪
持ち寄ったおやつとemilie*のハーブティーを召し上がっていただきながら、
本のチェックや交換など和気あいあいと♡

ただ...”本に合わせた音楽やおやつ”というのは少し、ハードルが高かったかもという印象。。
emilie*はそれほど本に精通しているわけでもないので、
お気に入りのものを共感できる人と共有して楽しめれば...というスタンス。
じっくり読み合わせに重きを置くよりは、
その本を読むときに流したい音楽や、お供にしたいおやつやお茶、
さらに言えば空間や香り、ファッションまで
トータルでコーディネートしてみるのも面白いのでは...

ということで...emilie*のおすすめはこちら*
P1020215.jpeg
小川糸さんの『ミ・ト・ン』。
なんと、ちょうど当日は「てぶくろの日」で、ぴったり☆
装丁に一目惚れし、中面もイラスト付き。
物語は作者がラトビアを訪れインスピレーションを得た作品で、
マリカという女の子が生まれてからの一生をミトンを通して描いています。
幸せと不幸せが半分ずつで、困難な状況でもポジティブなのもmieux!
おやつは、本に登場してくるものから着想を得たライ麦レーズンパンに、
フェンネル入りのクリームチーズ(東欧に近い北欧のもの)とりんごの自家製ジャムを添えて。
木皿に盛った蒸しりんごは、(本に記載の)人々に幸運をもたらすという
「ライマの文様」の形に配置。(この写真とは異なります)
ハーブティーはリンデンがブレンドされたサロンの定番”リラックス”。
その後「クッキー系の甘いお菓子があるかも」予想で、"ノエル”もサーブしました。

ちなみにB.G.M.は、アイリッシュハープが美しいTico moonの”Rasberry"♫
当日のファッションはヨーロッパの民族衣装を意識しました*
なかなか被る姿をお披露目できないブルターニュの伝統的”コアフ”のヘッド飾りも⁂
万人にわかってもらえなくてもよいけど、気づいた人に尋ねられたら種を明かすのが常。

また趣向を変えながら...続けていければ幸いです*