So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

蒸しケークサレ [きまぐれメニュー]

サロンの新メニューができました。
ちょっと小腹がすいている時、
デザートだけでは物足りないと感じる時などにおすすめです♪

P1010724.jpg
甘くない惣菜系のケーキ”ケークサレ”を焼かずに蒸しました。
季節の野菜の入ったやさしい味ながらも腹持ちのするおやつです。
ただいまのメニューは、じゃがいも、玉ねぎ、ベーコン、ブロッコリー、ミニトマトに
アクセントハーブのパセリをトッピング。
毎度ながら気まぐれなので、ご希望の方は、ご予約の際お尋ねください。

第8回ガーデニングボランティア [ガーデニング・ボランティア]

数日前の天気予報では、”雨”が予想された某日。
暑くも寒くも風もない穏やかな曇りの日に、
今年初めてのガーデニングボランティアを行いました。
今回は、前庭のアプローチに敷きつめた煉瓦の敷石を敷き直す作業です。

この場所はオープン前、さらさらの砂地で、猫さんには”うってつけ”だったらしく...
しばしば「おみやげ」を置いていかれたものでした。。
大きめの砂利石を撒いたり、母と試行錯誤しながら、
ありあわせの大小さまざまの煉瓦を組み合わせ、
隙間に小石を入れ込むというスタイルに落ち着きました。
しかしながら...掃除の際、小石に落ち葉や枯れた花がはさまり、箒で掃くのに一苦労。。
なんとかしたいとず〜っと思っていました。

そんな折、実家の庭を改修することによって取り除かれた煉瓦が不要となり、
このたびmaison pralinéへお引っ越ししてきたため、
そのコたちを有効活用してのリニューアルです⁂

参加者は、前回もお手伝いいただいた頼もしい助っ人Mさん。
厚みやサイズの異なる煉瓦を組み合わせての大変な作業でしたが。。
意外にもご本人曰く「向いてる」作業内容だったようで...

P1010717_2.jpg
なんということでしょう!
こんなに素敵に仕上がりました*

ちょうどお昼になりましたので、
やりたいことはまだまだありますが...
まかないランチタイム♪

P1010716.jpg
本日のメニューは、もち麦きび赤米入り玄米おむすびと
梅シラスなどの混ぜごはんのおむすび、
チャイブ入り卵焼き、焼きミニトマト、ブロッコリーの和食プレートで、
材料はすべて蒲郡産。
おやつにはっさく夏みかんの蒸しパンと新作ハーブティー”ジャポネ”を
召し上がっていただきました。

お疲れさまでした。
またよろしくお願いします*

点と線模様製作所・岡理恵子さんのガーゼのハンカチ* [国内メーカー&作家アイテム]

春うらら*アトリエにはいち早く”春”を感じさせる新商品が入荷しました*

P1010707.jpg

北海道を拠点に活動されるデザイナーの岡理恵子さんのガーゼのハンカチは、
風景や植物、動物などを題材にされたもので、雄大な北の自然のやさしさの中に包まれた
繊細なタッチのイラストが心の琴線を揺さぶります。
ガーゼ素材に雰囲気もよく合い、ふだんの暮らしに気軽に持ち運べるハンカチは、
癒しのアート作品ともいえそうです。
デザインとカラーの組み合わせはいろいろ⁂
どれにしようか迷いますね。。

P1010092.jpg
(2016.2入荷商品)

アンティーク雑貨 [フランスアーティスト&インポート雑貨]

サロンには、フランス好きの方やアンティーク物がお好きな方も多く訪れます。
なかなか旅行する時間がなくても、フランスにいるような気分に浸れるように...と
アトリエ・ミルフォイユでは、フランスのアンティークボタンやリボン、
はぎれセットなどを取り揃えております。
アクセサリーパーツとして使ったり、手持ちの洋服のリメイクなど、
お好みの用途でご活用くださると幸いです*
(※アトリエはサロンをご利用の方に公開しています。)

P1010659.jpg
おもにフランスの蚤の市で買い付けたカラフルなボタンやビーズなどは、
その色使いに見惚れて眺めているだけでわくわく*
こちらはまだ作品として生まれ変わる可能性のあるコたちなので、非売品です。。
”待てば海路の日和あり”かも!?


PICT2604.jpg
ロマンティックなフランスのアンティークカード*
アンティークレースやAMULETのちいさなパーツとコラージュしても素敵。(2010.11)


P1010624.jpg
pralinéの頃、たくさん買い付けていたアンティークアクセサリーも残り少なくなりました!
アンティークファンの方はお早めにどうぞ!


アンティークの魅力は、何と言っても
”現在は作られていないその時代ならではの品物”であること。
出会った瞬間に「運命」を感じることと思います。
emilie*がこれまで集めて来たのは、ほとんどそんな直感を頼りにしたものばかり。
いくつもの時代を経て、どんな人がどんなふうに使って来たのだろう。
今日まで残っていたのは、きっと大切に使ってきたからなのでしょうね。
そんなふうに思いを馳せるのも醍醐味の一つです。

後で思えば、これも何かの予兆だったのかも知れませんが...
pralinéを閉店した後、偶然にも”お別れと旅立ちのパーティ”を開いた屋上ガーデンカフェ
のあるアンティークショップで、少しの間働いていたことがあります。

そこで、ある日アンティーク家具の中からフォークやナイフなどのカトラリーを発見し、
emilie*と同様夢見がちなスタッフの女のコとふたりで
「きっとお城でパーティーが開かれて、召使いがこっそりここに隠したのでは...」
「そうそう、城主に見つからないように彼女らもパーティーしてたのよ...」
などと空想&妄想の世界に浸ることがしばしばでした。
当時はガレのランプを眺めてはうっとりし、
繊細なレース小物やジュエリーを飾っては感動のため息を漏らし、
美しい装飾を施されたティーカップからお茶会の様子を想像し...
霊感の強いスタッフからは、
”前世はヨーロッパの貴族か何かかも”などとからかわれたりして。。

でも今は...その絵を見た瞬間から釘付けになり買わずにはいられなかった
サロンの象徴とも言える絵がミュゼに飾ってあるのですが...
その”ブルターニュの娘(農婦かな?)”だったに違いないと
自負しているemilie*なのでした*
サロンを訪れた際には、さりげなく気にして見てくださいね⁂




さくら日和*3〜4月 [庭情報]

各地でさくら便りが届く季節になりました。
サロンからゆっくり歩いて1分足らずの神倉公園の桜も
ほぼ満開を迎えており、しばし見惚れてしまいました*

emilie*のお庭にも、毎年桜と同時期に楽しめる”さくら風?”の花が咲きます。
種々さまざまなお花見にいらしてくださいね*

***************************************

七十二候でいわれる「菜虫蝶と化す」の頃、
”夢虫(昔は蝶のことをこう呼んだそう。ロマンティック*)”
はまだ見られず、暦通りにはいきませんが、三寒四温を繰り返して春になり、
庭はこの時期一日一日変化しています。(2013.3)
PICT0847.jpg
白い水仙が終わりを告げる頃、満開になったのがベニバナユキヤナギ⁂
これまであまり目立たなかったのですが...
今年は「私も見て」と言わんばかりに咲き誇り、見事ヒロインの座を射止めました*
どことなく桜にも似ているその姿、おそらく今週いっぱいが見納めです。
花好きの方、ぜひ彼女の勇姿を見に訪れてはいかが。。

PICT0155.jpg
こちらも桜の時期に咲く愛らしいピンクの花、ハナカイドウ*
うつむき加減な様子がはじらいを浮かべる乙女のよう⁂



JAグリーンセンター蒲郡 [がまごおり情報]

おそらく、みなさんのお住まいの地域にもあることと思いますが、
JAグリーンセンター蒲郡は、旧農協のショップです。

ファッションを生業にしていた頃は、まったく関心がなかったのですが。。
このサロンをオープンするにあたり、庭を開墾し始めてからは足繁く通っています。
地元の農家さんの育てた野菜や花木などが、お値打ち価格で手に入るので
いつも地元住民で賑わっています。(ときどき顔見知りのshopオーナーやお客さまに遭遇☆)
特にここ蒲郡の特産品”みかん”はさまざまな品種が店頭に並び、
繁忙期は郵便局員さんが常駐しているので、購入して即宅配も可能です。
遠方からお越しの方も、ちょっと時間が空いたり、特に予定がない時などに
立ち寄ってみては...

Image691.jpg
emilie*の定番は店内でお買い物を済ませた後、常設販売しているたい焼きを購入し、
(パリならクレープのように食べ歩きしたいところですが...)
焼きたてをそのまま車の中で食べること♪