So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

ブルーベリー&エルダーベリーのヨーグルトパルフェ* [きまぐれメニュー]

夏の最後の冷たいデザートに新メニューが登場です!
グラスにブルーベリージュレ、蜂蜜がけヨーグルト、バニラアイスを重ね、
エルダーベリーのジャムをトッピング⁂
プチパフェのような感じですが、あえてパルフェと呼びましょう。~Comme à la française~
すべての味をmélanger(混ぜる)しながらお口に運べば...Parfait!

P1010945.jpg

時計草&ユーカリ&オリーブのリース⁂ [ハーブ&アロマアイテム]

かつて、ドライ植物のリースは秋冬のイメージが強かったのですが、
最近では一年を通してインテリア小物として楽しめるようになりました。

ここ数年大きく成長したオリーブは、剪定作業もなかなか追いつかないほど。。
これまで葉はお茶やサシェに使ってきましたが、せっかくなら枝を使って...と、
春夏を彩ってくれたミモザやアジサイなどを組み合わせたリースを作りました。
”平和の象徴”オリーブ。贈りものにもどうぞ*(2017.8)

P1010938.jpg

*******************************************

今冬は大きく生長したユーカリをだいぶ剪定したので...
ユーカリの枝葉でクリスマスリースを作りました。
店頭には、pralinéの頃デンマークで買い付けたレトロチックで可愛らしい
オーナメントを飾っています。
別売りのドライフラワーのオーナメントや、
くりくりさんのミニパーツを飾っても素敵*
お部屋にひとつ、いかがですか⁂(2016.11)

P1010530.jpg

******************************************

新しい年を迎え、引っ越しなど新たな環境で生活を始める方も、そうでない方も、
お部屋の模様替えをしてみると、気分もリフレッシュして日常が豊かに見えるかも知れません。
まずは、簡単に飾れるインテリアから取り入れてみてはいかがでしょうか...

2015年初春より始めた時計草のリースベースに、
今年は剪定したばかりのユーカリを組み合わせて、”グリーンリース”を作りました。
まだ青々として瑞々しい状態が保たれています*
次第に乾燥して経年劣化して、くるみ色に変わっていく様子も
味わい深くお楽しみいただけることと思います。
作品は一点ずつ異なるため、早い者勝ち♪
ドライフラワーやオーナメント、レースやリボンなど
お好みの飾り付けをお楽しみください。(2016.1)

PICT2615.jpg



暑い日には... [がまごおり情報]

連日の猛暑にぐったり。。
夏バテなどしていませんか?

emilie*が子どもの頃はこんなに暑くなかったと思います。
絵日記の気温も30℃を超える日が何日かある程度で、
学校にはエアコンも扇風機ももちろんなく、
窓から入る自然の風を涼風と感じていた記憶があります。

こんな昨今では、身体によくないとされていたエアコンも
熱中症を避けるためにも上手に利用すべきであり、
我慢はかえって心身に悪影響を与えます。

同様に、冷たい飲食物は頻繁に摂るのはよくありませんが、
時にはご褒美としてあげるのは良しとしましょう。
夏の風物詩”かき氷”は魅力的ですものね*
そんなわけで...emilie*には珍しく、今年は3回もかき氷を食べました。
...というわけで、蒲郡市内かき氷3連発☆☆☆

Image712.jpg
蒲郡の老舗和菓子処「大和屋」さんへは毎年一度は行きます。
昔ながらのスタイルも落ち着きます。(大正9年創業とか)
今年はおすすめの”大島(黒蜜)金時・口溶けきなこがけ”♡
席数も少なく、この時期待つのは必至ですが、
やはりなじみの店で”涼”を感じるのはよいものです。

Image708.jpg
こちらは三谷町の猫カフェ(と私たち姉妹は呼んでる)「つじや珈琲」。
古民家改装の和風スタイルの店で、抹茶がメイン。
ならば、”宇治ミルク金時抹茶アイス白玉のせ”じゃ〜!

Image716.jpg
最近新しくできた「さかえや」は、フルーツのかき氷が”売り”とのこと。
で、”桃のミルクトッピング”をチョイス。
ビジュアルも可愛〜い*

小さなお客さま* [ショップ情報]

予約日以外で土日営業を始めて数日後...

本日は午後から、可愛らしいお客さまが3名みえました。
習字の習い事の帰りに自転車で通り掛かったら
前から気になっていたお店に看板が出ていたので立ち寄ったという
近所にお住まいの小学五年生の仲良し三人組です。
初めての客層にemilie*もちょっぴり緊張気味。。
でも各お部屋と商品をご案内すると...
それぞれ思い思いのお気に入りの雑貨を見つけられたようで
品物を手に満足そうな笑顔*
嬉しくなって、サロンのカウンターで魔法のサービス⁂

おそらく彼女たちにとっては、すこ〜し背伸びした場所。
おとなになった時、ふとしたことで甦る夏の思い出になるといいな...

PICT2157.jpg

Hütte Paper Worksの紙雑貨 [国内メーカー&作家アイテム]

*活版印刷のポストカード*

2011年6月より販売しているHütte Paper Worksのポストカードは
味のある活版印刷に施された繊細な植物モチーフのイラストが素敵⁂
emilie*のオリジナルブレンドハーブティとのセットは
ちょっとした贈りものにもおすすめです。
ハーブティーはお試しサイズのティーバッグタイプなので、
量り売りを購入する前にいろいろ味見できるのも魅力*(2017.8.17)

メッセージカード作りにご活用いただけるスタンプも揃っています。
オリジナルカードを作って、大切な方や気のおけない友人などに
贈るプレゼントにちょっと添えるのも気が利いてます。(2012.11)
PICT0407.jpg


*ぽち袋&一筆箋*

何かと慌ただしい年末は、すべきこと、やっておきたいことがいっぱい...
お正月に備えて可愛らしい”ぽち袋”もそろえたいですね*
Hütte Paper Worksならではの、デザインセンスが光るぽち袋はいかがですか。
ちいさなお子さまから大人まで、贈る方のお好みに合わせてお選びいただけます。
もちろんお年玉だけでなく、ちょっとしたお礼などにも一筆箋を添えて
ミニ封筒として使うのも楽しい*(2016.12)
P1010568.jpg






こだわりをなくすと... [vivre ma vie]

うだるような今夏の暑さに耐えきれず...
髪を切りました。
ひさびさに○△年ぶりかの、ばっさりショートカットです。

しかも、初めて入った美容院でいきなり☆
担当された美容師さんにも「チャレンジャーですね」と言われました。
だって、シャンプー&カット&ブロー込みで、なんと...¥1,080!?
多少の不安はあったものの、もう、たとえ失敗しても”行くしかない”と思って(笑)
でも、シャンプーは初のオート体験(機械式)で心地よく、
カットも丁寧でスタイリング剤でセットまでしてくれました♪
ただし...emilie*は平日の朝一だったせいか待つこともなくスムーズでしたが、
土日は開店前から行列ができることもあり、
待ち時間は店内で待たねばならず、スタイリストの指名とかもできないそうです。
(そういえば、女性の美容師さんにカットしてもらったのも何年ぶりでしょう!)

かれこれ数十年通っている行きつけの美容院は市外にあり、
”行きたい”と思ってもすぐには行けず、価格も一般流通料金です。
確かに自分の髪質や嗜好を熟知しているスタイリストに任せておけば安心ですが、
たまには冒険してみるのも”あり”かと思って....
何となくインスピレーションに委ねてみたのです。

パリにいた頃、日本人の留学生の友人の中には、デザイナーやスタイリスト、モデル、
カメラマンなどファッション関係に携わる人が多く、ヘアメイクさんとも知り合い、
彼らのほとんどは、それほど豊かな暮らしをしているわけではないので、
最初は自分のアパルトマンに来てもらって出張カットを依頼し、
お礼に手作り料理をふるまうというのが一般的でした。
それでもせっかくパリにいるのだからと、現地のサロンにも行ってみたくなり、
カラーを入れたいのも手伝い、下町のサロンを訪れました。
おそらくサンジェルマン地区やオペラ界隈などにある
日本でも著名な高級サロンへ行ったら違ったのでしょうが...
当時の貧乏暮らしの私にも賄える程度のお店(内装はお洒落でしたが)だったせいか、
シャンプーの際、やたらと耳に水が入るのには閉口し、
カラーも「ボルドー」にしたつもりが、黒髪を脱色してから入れたため
ショッキングピンクのようになってしまい、、、
まだ”メッシュ”でよかったと胸をなでおろす始末。。
ヘアスタイルはフランス語が通じないとまずいと思い、
持ち歩いていたノートにイラストを描いて説明すると、
スタイリストの彼もペンを執ってそこに書き加え、さらに提案してくれました。
今となってはそれも笑い話となる”いい思い出”⁂

ことろで、現在の心境は...
頭が軽くなって、シャンプーがとっても楽ちんです♪

Sauvage ソバージュ [ハーブティ]

暑いからと言って、冷たいものばかり摂取していませんか。
身体と同時に胃腸も冷えているかも知れません。
温かいハーブティーでじんわりあたためてあげましょう。

前回の”ジャポネ”に続き「日本の薬草」シリーズの新作は、野性味あふれる”ソバージュ”。
解毒効果のあるドクダミや柿の葉など和のハーブを中心に、
秘密の中庭で育てたハーブをブレンド。
消化を促し、体力づくりのサポートをしてくれます。
緑茶を加えて飲みやすくしました。
素材からオリジナルのemilie*産ハーブティーを味わっていただけたら幸いです*

PICT1105.jpg

Rouge ルージュ [ハーブティ]

かなり昔、パリの夏は”クーラーいらず”でしたが
日本の夏は蒸し暑いので夏バテ対策が必要ですね。
そんな時は今月のおすすめハーブティ“Rouge"(ルージュ)がぴったりです。
ハイビスカスやローズヒップなどビタミンCが豊富なハーブが数種類ブレンドされ、
免疫力UPにも一役買ってくれそう。
ビジュアルもきれいなルビー色にうっとり*

PICT1713.jpg
こちらのハーブティはアイスでもお試しいただけます。
お好みではちみつを加えてもよいので、
ご注文の際にお申し付けください。

Bonjour, Anne [映画&音楽&本&アート]

ある作家が「読書をすれば、いつでも日常を離れたところに旅ができる」と書いていましたが、
emilie*の場合は...なかなか旅ができないので、映画の中にそれを求めることがしばしば。。

フランス映画ではありませんが、邦題「ボンジュール、アン」を観ました。
原題は”PARIS CAN WAIT"パリは待っててくれるのです!
ストーリーは、夫が仕事人間で経済的に恵まれるも多忙で一緒に過ごす時間がなく、
娘も独立して人生の分岐点に立った主人公の女性が、あるトラブルから
夫の仕事仲間のフランス人男性とカンヌからパリへと車で旅する羽目になるお話で、
その珍道中を二人とともに旅する気分で、すっかりその世界に入り込みました。
翻訳されないフランス語の会話を聞き取るのも勉強に!

アメリカ映画なので、いかにも”あるある”フランス人を描き、
女性を喜ばせることにかけては天性のものなのか、ちょっとしたプレゼントも心憎い。
仏映画だとシニカルになりそうなユーモアも小気味よい感じで、
見終わった後はアンと同様に眼前が開けたかも⁂

Image713.jpg