So-net無料ブログ作成
ショップ情報 ブログトップ
前の10件 | -

Au revoir*2017 [ショップ情報]

今年もあっという間に一年が過ぎようとしています。
みなさまはどんな年を過ごされましたか?

emilie*は、公私ともに次のステップへの変革の年でした。

サロン・ド・テ エミリーとしては...
1.地方のミニコミ誌に初めて広告を掲載しました。
 これまで雑誌など取材を受けることはあったものの、
 こちらから能動的にアクションを起こしたのは小さな一歩。

2.蒲郡を出て、地元に近い豊橋のイベントに出店しました。
 豊橋駅前の「いちにち骨董マルシェ」、水上ビルの「雨の日商店街」など。
 参加したことにより、豊橋・豊川方面のお客さまや
 蒲郡市内で弊店をご存知なかったお客さまに
 ご来店していただけるようになりました。

3.ショップカードをリニューアルしました。
 これまでのはがきサイズ二つ折りから、
 親交のある他店さまにも設置していただきやすいよう名刺サイズに。
 どんなお店かわかりやすくハーブのイラストを前面に描き、
 お客さまにも気軽に手にとっていただけるように配慮しました。

4.インスタグラムを始めました。
 スマートフォンに替えたのは、これを開始しようと決心したことも理由の一つ。
 まだまだ少しずつですが...始めてみて日本国内のみならず、海外の人々など、
 より多くの人に存在を知ってもらえ、共感していただけることがわかりました。

すべては、ここ蒲郡のサロン・ド・テ エミリーに足を運んでいただくこと、
そして訪れたら「また行きたい」と思っていただけるようなお店にしたいのが目標です。

開店当初は運営していくことが精一杯で、次第に慣れてくるとその状況に甘んじたり、
自身の体調不良、身内の病などで店のことが疎かになってきていたことに気づき、
まずはあれこれ、できることからチャレンジしてみました。

庭の植物を育てるように、今年蒔いた種が、来年、再来年と少しずつ
花を咲かせることができれば幸いです*

小さなお客さま* [ショップ情報]

予約日以外で土日営業を始めて数日後...

本日は午後から、可愛らしいお客さまが3名みえました。
習字の習い事の帰りに自転車で通り掛かったら
前から気になっていたお店に看板が出ていたので立ち寄ったという
近所にお住まいの小学五年生の仲良し三人組です。
初めての客層にemilie*もちょっぴり緊張気味。。
でも各お部屋と商品をご案内すると...
それぞれ思い思いのお気に入りの雑貨を見つけられたようで
品物を手に満足そうな笑顔*
嬉しくなって、サロンのカウンターで魔法のサービス⁂

おそらく彼女たちにとっては、すこ〜し背伸びした場所。
おとなになった時、ふとしたことで甦る夏の思い出になるといいな...

PICT2157.jpg

ショップカード*リニューアル [ショップ情報]

このたび7周年を機にサロン・ド・テ エミリーのカードをリニューアルしました*
前回に引き続き、プラリネ時代からお世話になってるグラフィックデザイナーの
Sonia(botanic record☞http://takeuchi-emi.tumblr.com/)によるもので、
秘密の中庭のハーブたちを素敵に描いてくれました⁂
ショップロゴはemilie*のカリグラフィーです。

P1010903.jpg

スタンプカードも新たに、心機一転⁂
これからも”五感で楽しむくらしの美”に触れ、
みなさまの心の琴線に響くことができれば幸いです*

屋根のお召し替え* [ショップ情報]

気持ちよく晴れた5月の某日、Maison Pralinéの屋根をペイントしてもらいました。
オープンから内装は少しずつ手を加えていったものの...
外観は、窓枠や玄関扉など自分の手の届く範囲にとどまっていました。。

民家の中にあり、以前から新規のお客さまには発見されにくい建物であったし、
今年の6月で7周年になるし...と、
偶々出会ったおたすけマンに思いきって依頼。
”赤さび色”に塗ってみたら...

P1010801.jpg
なんということでしょう♪
バーガンディチェリーレッドのような仕上がり*
微妙にボルドー系のグラデーションを帯びています⁂(あえて”ムラ”とは言いません。)
ちょっとしたことで、やはり気分も上がるもの♪

そこで...外壁も塗りたくなりました!

もし「やってみたい!」という方がいれば、
”ペインティングボランティア”を募集しようかしら。。
”ガーデニングボランティア”同様、午前中の早めの時間に作業を行い、
お昼はささやかなまかないランチでおもてなしいたします。

と、思いついたものの...
これから暑さは厳しくなっていく一方で、熱中症も懸念されるし...
梅雨に入ってしまうとなかなかスケジュールが立てにくい...
やはり秋に繰り越した方が賢明かも☆

Ovni [ショップ情報]

"Ovni"といえば、UFOではなく。。
emilie*がパリ在住中に「仏和辞典」「パリの地図」と並んで
三種の神器として活用していたフランスご用達新聞のことです。

ちなみに、当時住んでいたアパルトマンもこの新聞のアノンスを見て
決めたし、見本市や映画などの情報も得られたし、料理のレシピも
とても役立ちました!
(パリ帰国前のフランス人の友人にも「見せて!」と言われるほどの人気!?)

パリ市内なら行きつけの両替所や日本食料品店などで、たやすく手に入りましたが...
日本では都内なら設置してある場所も多いのでしょうが、
愛知県は少なく、語学学校は生徒数も多いので手に入れるのは至難の業でした☆

PICT3246.jpg
そんなフランスの情報誌"Ovni"。
2017年現在は取り扱っておりませんが、過去の新聞は在庫がありますので、
お気軽にお持ち帰りください。

JR蒲郡駅からの道のり [ショップ情報]

Salon de thé Emilie*は民家の中にあり、外観も民家のようなので、
初めてご来店される方は苦労して探されるようです。。
そこで、小鳥が小枝や草花をついばんでできあがった(?)ショップカードの地図をもとに、
JR蒲郡駅からお店までのemilie*おすすめの経路をご紹介しようと思います。(徒歩8〜10分)
他にもいろいろなルートが考えられるので、自分だけのお気に入りの道を
みつけるのも楽しいかも♪
(ただいま”がまごおりemilie*おすすめスポットMAP”も店内に設置中!)
PICT2073.jpg

①蒲郡駅北口を出ると、タクシーのりばのロータリーがあります。
お車でお越しの方は、30分無料、以降30分毎100円の駐車場あり。
さらにナビテラスと呼ばれる観光案内所があり、9h30〜16h30まで利用可能な
無料のレンタサイクルは電動自転車でラクラク!
PICT2407.jpg

②また、南口前にはアメリカズカップのヨットが展示されています。
冬はライトアップされてきれい⁂
PICT2405.jpg

③サロンへは、北口へ。すぐ目の前にある案内表示板を見て、
左方向のタクシーのりばの道なりに進むと...
こんな案内表示のマンホールを発見!
そのまま北へ進み、最初の角を左へ曲がります。
PICT2406.jpg

④どんどん進むと、左角に白い外観の店SUS&CONTRASTが見えてきます。
ここを右折してすぐ、旧がましん(現在は駅東に移転新築)の建物のある交差点を渡ります。
PICT2408.jpg

⑤右手に和菓子屋、左手にさとちゃんのいる薬局が見えたら左折。
細い路地を入ると住宅街になります。
PICT2409.jpg

⑥まもなく右手に神倉公園が見えてきます。春は桜が見頃の穴場スポットです。
PICT2861.jpg

⑦少し進むと神倉神社にそびえるクロガネモチの木が現われます。
蒲郡名木50選の一つに数えられます。
PICT2744.jpg

⑧神社を通り過ぎて、最初の角を右に曲がり進んで行くと、左手にお庭が...
Bienvenue au Salon de thé Emilie*!
PICT2733.jpg

五感+α*surprise [ショップ情報]

自分がされてうれしいことは、きっと他の人にとってもそうであるはず。。。
そんな思いから"サプライズ”が大好きです*

初めて来店される方は、少し勇気のいる扉を開けると
中にこんな空間が...⁂とびっくりされることが多いようです。
最初ぎこちない様子の方も、お帰りの際には
まるで魔法にかかったような表情で帰られるのをお見送りします。

PICT2218.jpg
最初のサプライズは、オープン時に先着でさしあげていた手作りのマッチ箱。
中身は...思わず微笑んでしまう形をした◯◯の種です*

先日は初めてお誕生日のサプライズをして
大変喜んでいただけたようでこちらも幸せな気分になりました。
内容の一部をご紹介すると...
ご予約された日の朝、お庭に咲いている花やハーブを摘んで、
その方のイメージでブーケを作ります。
季節によって変化する庭の草花ですが、
厳密に言えば一日一日異なっているため、
一つとして同じブーケにはならず、
生まれ月のせいか、なんとなくそのお客さまの雰囲気になるのが不思議*

これからもさまざまなサプライズを企画して
みなさまを幸せな気分にできれば嬉しいです。

emilie*が...Je fais de la magique⁂

PICT2931.jpg


ちいさな図書館 [ショップ情報]

2011年2月より店内に開設されたとてもちいさな図書館コーナーの
"La Petite Bibliothèque"。
(ほんとに小さいのでびっくりしないで下さいね)

2017年現在は、ちいさな美術館"Musée du Praliné"のキャビネット内で展開しています。
サロンでご覧になりたい時は、お気軽にお申し出ください。
希少&貴重な本が多いため、大切にお取り扱いいただけると幸いです*

PICT2788.jpg
*一部”Bouquiniste"と称した古本市コーナーで販売もしています。
アンティークではないけれど、おもに不要となった古本や古雑誌です。
あまり見て行かれる方はいませんが、掘り出し物に出会えるかも⁂

縁は円につながり... [ショップ情報]

今日はpâtissièreのEさんがご来店⁂
サロンでおなじみのメレンゲやイベントの際のマカロンなどを
作っていただいています⁑
彼女とはもともとフランス語のクラスで知り合ったのですが、
フランスのル・コルドン・ブルーなどで学ばれた腕はお墨付き☆
ご自宅でお菓子作りの教室も開いており
emilie*も以前sora cafeさんと共に、マカロンを習いにうかがった経験が...
次はもしかしたらワークショップで登場していただくかも!?

実は、他にもあたためている企画がいくつかあるのですが、
こうして人の輪が広がっていくのは不思議。。
「ずっと前からのつながり」も大事にしたいけど
環境の変化など何らかの理由で切れてしまうことも否めません。
再びつながればそれは真...?
でも「こうしたい」という強い意志と
それに向かって努力する行動力があれば
自然と「新たなつながり」が生まれると思うのです*

PICT2437.jpg
またまたお祝いいただきました*
素敵な鉢に入った白いミニバラとguimauve(マシュマロ)⁂merci!


PICT0898.jpg
桜の季節、お客さまからサクラソウのブーケとお手製の油菓子をいただきました♪
時々このようなサプライズを受けるのは嬉しいですね。
お返しはくつろぎの時間を提供することと、よりおいしくなるように
ハーブティに魔法の呪文をかけること*
いつも慌ただしい日常の合間に時間を作ってお越し下さる方で、
実は以前よくご来店いただいた顧客さまのお母さま。
ここにいるひとときは、束の間の夢の時間。
ゆっくりお買い物も楽しまれて、名残惜しそうに笑顔で帰られるのを
見送ると、こちらもほっこりした気持ちになります⁂
(2013.3)


P1010241.jpg
”鳥もの”もよくいただきます*
店内のあちらこちらで見かけるので、好きなことがわかるのでしょうか...

五感その5*toucher [ショップ情報]

とある休日、美容院に行ってオーガニックのトリートメントをしてもらったら
髪さらさらつるつる。。。
シャンプーの間は至福の時間で意識が遠のいていくのがわかります。
その後のマッサージもお楽しみのひとつ♪
もっともemilie*の強肩(?)を揉みほぐしてくれるのは
専門家でないと難しいようですが...
ある整形外科病院のリハビリの先生は全盲の女性なのですが、
やはりどこかの感覚が失われていると、他の機能が研ぎすまされてくるのだなあ...と
つくづく実感するほどのツボ的中率!?

さて、サロン・ド・テ エミリーでも
”触れる心地よさ”がみなさまをお待ちしています。

おそらく日本の家庭ならほとんどそうであるように、
まず、玄関へ入って靴を脱ぐことから始まります。
その解放感は何ものにも代え難く、それがお客さまにとって
”家のようにくつろいだ”雰囲気につながっていることと思います。
リメイクした室内履きで歩くと、木の床を足がそれとなく感じとります。
やはり足先までのびのびしたいものですね。

ちなみにemilie*がパリのアパルトマンを借りて最初に行ったことは、
まず念入りに掃除をしてドアの内側に玄関を作り「靴脱ぎスタイル」の部屋にしました。
(大家さんや修理業者の人は靴でずんずん上がって来そうになりましたが...)

アトリエには大きな掃き出し窓の前に、揺り椅子がしつらえてあり、
ふと気づくとゆらゆら揺られながら庭を眺めるお客さまも...

他にもいろいろ...
是非サロンで見つけてくださいね⁂

PICT2338.jpg
フランスの布を中心にパッチワークしたソファカバー*
座り心地のよい椅子が、素敵な布に包まれてさらに幸せな気分⁂



前の10件 | - ショップ情報 ブログトップ