So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
ワークショップ ブログトップ
前の10件 | -

8周年記念ハーブティ茶会*聞きハーブを楽しむ [ワークショップ]

*8周年記念ハーブティ茶会〜聞きハーブを楽しむ〜*

2018年6月25日で8周年を迎えるサロン・ド・テ エミリーは、
感謝の意を込めて、今年も記念のお茶会を開きます。
今回は8種類のハーブをご紹介した後、どのハーブかを言い当てる
”聞きハーブ”と名付けたワークショップを行います。その後は、emilie*の
新作ハーブティ&菓子作り案内人のえみさんのお菓子でティータイム♪
初めての方も楽しみながらハーブに親しんでいただければ幸いです。

日時; 6/21(木)13h00〜14h30(3名以上で開催)
参加費; 2,000円 (ハーブティー&お菓子付)
ドレスコード;グリーンのものを何か身につけてお越しください。

IMG_0993.jpeg

*******************************

夏至の日に開催した8周年記念ハーブティ茶会は、見事に梅雨の晴れ間となりました♪
当日の参加者は母娘でご参加のお二人で、終始和やかムードに包まれました*
特にドレスコードの”グリーン”で、お母さまの方はすべてemilie*作のオリジナル品を
身につけて来てくださり、感激もひとしお⁂
8周年のお祝いをいただいた気分です*

さて、初の試みとなる”聞きハーブ”。
ずっとやりたくてやっと実現したのですが...
馴染みのない方にとっては、少しハードルが高かったのでしょうか...
反応は芳しいものではありませんでした。。
ところが、実際行ってみると参加された方のみならず主催する方も面白く、
新たな発見もあり、「またやりたい」というのが正直な感想です。

まずは8周年にちなんで8種類のハーブを選択!
P1020176.jpg
花や葉、種、実、根などさまざまな部位で、
味がまったく異なりわかりやすいものを選びました。

一度にこれだけのハーブを体感できるのは、これまでのお茶会の中でも初☆
P1020170.jpg
みなさん、一つ一つ丁寧に、五感をフルに働かせて、
ハーブの香り、味、色、直感の印象などを、ご自分の言葉でメモします。
これが大事な作業。あとで迷った時に役に立つのです!

一通り終了したところで、お題のハーブティーをサーブします。
今回は2問。
見事正解したのは...さすが、何度もお茶会に参加していただいてる成果でしょうか、
お母さまの方でした☆全問正解者にはプレゼントを進呈*

P1020172.jpg
ワークショップの後は、8周年記念限定ブレンド"Miel〜ミエル〜”と
恒例のEMIさんによるお菓子”Linzer Cookie framboise/abricot〜リンツアークッキー・
フランボワーズ・アプリコット〜”で楽しいティータイム*
クッキーで”8”をかたどったの、わかったかな〜?

*フランス語で「蜂蜜」を意味する”ミエル”は、蜂がさまざまな花の蜜を集めて来た
イメージのルイボスの豆乳ミルクティーブレンド。
ただいまEMIさんのクッキー付きでサロンにてお召し上がりいただけます♪
なくなり次第終了となりますので、お茶会に参加したかったけどできなかった方、
是非この機会にご来店ください。



ハーブティ茶会*デビュー [ワークショップ]

気候のよい季節になりました。
春は”新入学”や”新入社”など、物事を新しく何か始めてみるのもよい時期ですね。
emilie*も、実は新しく始めたことがあります。
それはまた別の機会にご紹介するとして...

ただいまインスタグラムの方でも、庭のハーブのご紹介をしておりますが、
そんなハーブに興味を持たれた方のために「ハーブティ茶会」のご案内をいたします。


*フレキシブル・ハーブティ茶会開催のご案内*

五感で楽しむ”Art de Vivreくらしの美”をコンセプトにした
心とからだにやさしいハーブティサロン、
Salon de thé Emilie* サロン・ド・テ エミリーでは、
不定期でお茶会やワークショップなどのイベントを開催しています。
中でも春分、夏至、秋分、冬至の日(またはその近日)に
季節に応じたハーブティをご紹介する「季節のハーブティ茶会」は、
ハーブのクラフトワークショップを行う人気の定例茶会です。

また、あらかじめ決められた日程にお越しいただけない方のために、
ご家族やご友人など2〜6名までのグループで別の日程でご参加いただく
フレキシブル・ハーブティ茶会を開催しております。
お一人でもご参加いただけますが、その場合、他のグループと日程を
合わせていただくか、単独の場合は別途追加料金がかかります。
参加してみたい講座を下記より選び、日程希望日と人数をご予約の際に
お申し付けください。
(参加費はいずれも材料費込み、ハーブティ&デザート付きです。)

*はじめてのハーブティ茶会(初心者対象)          ¥2,000

*春のハーブティ茶会「花粉症対策」+ハーブのうがい薬作り  ¥2,500

*夏のハーブティ茶会「暑い夏を快適に」+ハーブの石鹸作り  ¥2,500

*秋のハーブティ茶会「安眠リラックス」+ハーブのサシェ作り ¥2,500

*冬のハーブティ茶会「寒い冬を暖かく」+ハーブのリース作り ¥2,500

*更年期のためのハーブティ茶会「美しく年を重ねる」+ハーブウオーター作り 
                              ¥2,800
*夢みる魔女のハーブティ茶会「オリジナルブレンド作りで魔女気分」
(ハーブティ茶会経験者対象)                ¥3,000

*********************************************************************************************************************
「はじめてのハーブティ茶会」は、ハーブについての基本知識、ハーブティのおいしい飲み方、
利用法などを楽しく学びます。初めての方もお気軽にご参加ください。
「夢みる魔女のハーブティ茶会」では、ご自身のためのオリジナルブレンドを作って
魔女の気分を味わいます。こちらは、過去にハーブティ茶会に参加されたことのある方が
対象です。

PICT3046.jpg
※詳細につきましては、店頭へ直接お問い合わせください。
メール☞MaisonPraline@zg7.so-net.ne.jp
(数字含め、すべて英数小文字に入力し直してください)
電話&Fax☞0533 68 0118

春のハーブティ茶会*2018 [ワークショップ]

*春のハーブティ茶会・2018*
〜春の節目に心身を整える〜

立春を過ぎ、少しずつ春の気配が感じられるようになり、
自然界も活発に動き始めるこの時季。
冬の間に凝り固まった身体をほぐし、弱った胃腸を労り、
心身を整えて来たるべき季節を迎えましょう。
今回は整体師の宮島さんに、自分でできる整体の方法を教わり、
ワークショップの後は、この季節におすすめのハーブティーをご紹介します。

宮島和美さんプロフィール☞2009年より整体を学び始め、現在カフェ・訪問での整体、
             親子・グループでの整体勉強会など開催。整体の良さを
             お伝えし、心も体も生き生きと過ごしてもらいたいと活動中。
https://www.facebook.com/100002395300511


       日時: 3月21日(水・春分の日)14h00~15h30

       会費: 1,500円(ハーブティ付き)

       定員: 3名以上で開催

      持参物: タオル

   ドレスコード: ”自分が元気になる色”を身につけてお越しください。 


*****************************************

”晴れ女”のemilie*にはめずらしく春雨の降る日、
今年最初のハーブティ茶会を開催しました。
なぜ雨だったのか、あえて説明を加えるならば...
それは、約ひと月ほど前からサロンのすぐ裏で大きな建物を壊す工事が始まっており、
ふだん閑静なこの界隈に工事音が響き渡っておりました。。
「雨の日は工事はお休み」
だから神さまは恵みの雨をもたらし、灰燼で埃を被った庭の植物たちの木や葉を洗い流し、
静かなピアノ音のB.G.M.の流れる中、整体講座は行われました。

今回は、昨年末のフェルト講座の時と同人数の多くの参加者の方々が集まってくださり、
会場のリヤドも”いっぱい、いっぱい”☆
遠方ははるか大阪からお越しの方もみえ、
恒例の”ドレスコードチェック”も各自さまざまな色を身につけられ、盛り上がりました♪

講師の宮島さんは、実は名古屋のショップpralinéの頃からのお客さま。
17年の時を経て、現在もこうして続いているご縁に感謝します*

P1020123.jpg
現在も関西方面に整体の勉強に赴いていらっしゃるだけあって、
説得力のあるお話に、みなさん真剣に耳を傾け、
その後実際に身体を動かしていきます。

P1020122.jpg
ペアになって施術を行う際は、とても気持ちよさそう*
emilie*もちょっぴり参加させてもらいました⁂

質疑応答の後はサロンでティータイム♪
今回は、今月のおすすめ花粉症ブレンドの”プランタン”。
デザート代わりに地元の”かわり種えびせんべい”を召し上がっていただきました。
柚子胡椒味がおすすめです♫
P1020125.jpg

みなさん和気あいあいと会話やお買い物を楽しんでいただき、
素敵なお茶会となりました。
P1020126.jpg

...と、ここで参加者の中からリピーターのお客さまが取りだしたのは...
P1020129.jpg
なんと...”サロン・ド・テ エミリーノート"ではありませんか⁂
これまで参加されたお茶会の内容を、弊店で購入されたHütte Paper Worksのノートに
コラージュやイラストを交えながら丁寧に記帳されていました。
しかもemilie*のお送りしたDMやお茶会のおみやげなどもdécoされており、
それを拝見した途端、うるうる。。
今回のemilie*賞はずばり、Cさんでしょう☆

Gotow.さんのニードルフェルトのワークショップ [ワークショップ]

*ニードルフェルトのワークショップ*
12/17(日) 13h00〜15h00 (講師;Gotow.さん)
ベースの人形にフェルトでヘアメイクを施し、手紡ぎ糸でドレスを纏わせます。
初めての方も、お茶を飲みながら気軽にニードルワークを楽しみましょう♪

参加費;S (15cm) 3,500円 / M (30cm) 4,500円(材料費込・ハーブティー付)
ドレスコード;妖精から連想されるものを何か身につけてお越しください。

******************************

きりっとした冷たい空気の感じられる冬の晴れた日に、
初めての”ニードルフェルトのワークショップ”を開きました。
講師は、岐阜で工房&アトリエショップを営むGotow.さんご夫妻。
毎年秋に開催される「くらふとフェア蒲郡」の会場で知り合ったのがご縁の始まり...

今回参加者は(1日2回開催イベントを除くと)過去最高で、
Gotow.さん人気にあらためてびっくり☆
ワークショップ会場はアトリエとその奥のリヤド2部屋を使いました。
P1020043_2.jpg
Gotow.さんのセッティングを見ただけで、何だかわくわく♪

まずは恒例の...「ドレスコードチェック*」
みなさん、思い思いに考えて身につけてくださいました。
この自己紹介を兼ねた”お披露目”が、初顔合わせ同士のお客さまを一気に和ませるのです⁂
それぞれ素敵でしたが、今回のemilie*大賞は...
P1020051_2.jpg
妖精のちいさな靴を革細工で自ら作られた母娘で初参加のHさん⁂

まずは人形のサイズを決めて、ヘアメイクを施します。
P1020056_2.jpg
色とりどりのフェルトから選ぶのに迷います。。

そしてひたすら専用の針でチクチク。
P1020057_2.jpg
みなさん和やかにおしゃべりしながらでしたが。。
次第に無口になって熱中しているのが伝わってきます。

そこでemilie*のハーブティタイム*
P1020059_2.jpg
今回はクリスマスブレンドの”Noëlノエル”と
おなじみパティシエールのEMIさんのハーブサブレ*
ひと息つけたかな?

最後にGotow.さんが紡いだ糸でドレスを纏わせたら...
P1020062_2.jpg
こんなふうに出来上がりました♫
あのはだかのお人形さんが、創る人によって個性豊かに生まれ変わるのを見て感動*
次はemilie*もチャレンジしてみたいな。。

おみやげは、ドイツのお菓子付き新年のお知らせカードと...
P1020035_2.jpg
お手製のミニBOX*中味は秘密の中庭のお裾分け。

最後は、みなさん笑顔でとても嬉しそうに帰られたのが印象的でした*
遠方からもありがとうございました。

P1020063_2.jpg
サロン・ド・テ エミリーに幸せを運んでくださったGotow.さん
ありがとうございました&おつかれさまでした*



小さな宝箱作り* [ワークショップ]

最近よく訪れてくれるようになった”小さなお客さま”のために...
「ものづくり教室」と称して、初めての小学生対象のワークショップを行いました。

初回は”小さな宝箱作り”。
emilie*が以前お仕事させていただいたハウツークラフト本「レースペーパーが好き」の中から、
マッチの空き箱を利用して、レースペーパーやマスキングテープでデコレーションして
オリジナルのミニBOXを作るというものです。
P1020018.jpg
ふだんからマスキングテープをよく使うとのことで、
みなさん、おしゃべりもせず真剣に制作に没頭していました。

できあがったのがこちら*
女のコらしくリボンが好きなのでしょうね♪
立体的に作り込んだり、箱の裏や内箱の装飾にもこだわったり...
素敵に仕上がりました⁂
P1020021.jpg
作業後はサロンでティータイム。
お子さまのためのブレンド”アンファン(「特別メニュー」のカテゴリー参照)”を
「熱い」と言いながらもおいしそうに召し上がってくれました*
おみやげに柿を差し上げ、サロンを後にする頃には雨も上がり、
仲良く歩いて帰るのを見送りました。
A bientôt!

6周年記念WS*刺繍CAFEレポート [ワークショップ]

”刺繍CAFE”がやって来る♪ 

サロン・ド・テ エミリーは2016年6月25日で6周年を迎えます。これを記念して
東京で”刺繍CAFE”を主催するartist inさんを講師にお招きして、emilie*が描いた
ハーブに刺繍を施し、サシェを作るワークショップを行います。
庭でハーブを摘み、ご自宅へ持ち帰り、乾燥させてからサシェの中へ入れれば...
オリジナルサシェのできあがり*

    日時: 6月26日(日) 13h30〜15h30
   参加費: 3,800円(材料費込・ハーブティ&お菓子付き)
    定員: 10名
ドレスコード: 刺繍モチーフのものを身につけてお越しください。

*************************************

サロン・ド・テ エミリーの6歳のお誕生日の翌日、6月26日に
”刺繍CAFE”のワークショップを行いました。

当日は梅雨の合間の晴天*”晴れ女”健在です!
オープン時と同じく、前庭ではピンクのノウゼンカズラが数日前から開花し始め、
みなさまをお出迎え*
秘密の中庭では、例年ならとっくに咲き終わっている蔓薔薇のピエール・ドゥ・ロンサールが
この日を待ち構えてたとばかりに咲きそろってくれました⁂
P1010307.jpg

一足早く講師のjulietteと打ち合わせながら準備を進めていると、最初のお客さまがご来店。
ウエルカムドリンクはマロウブルーウオーターです。
前庭で摘み取った紫のお花を閉じ込めたアイスキューブを浮かべ、レモン汁を注いで
色の変化を楽しんでいただきます。

みなさんが揃ったところで...恒例のドレスコードチェック♪
ご自身で刺繍されたものをいっぱい身につけて来てくださった方など、いろいろみえましたが...
やはりemilie*作のバッグをご持参くださったプラリーヌのTさんが大賞でしょう!
P1010346.jpg
emilie*は...実は前日に購入したニードルワークが素敵な白のリネン×コットンのワンピースに
コットン糸で編まれたレースの縁取りがついたロングジレを合わせ、
共レースのベルトを首飾りに、アンティークレースで作ったコワフをヘッドドレスにした
白のコーディネートでまとめました⁂

続いて本題の”刺繍CAFE"はアトリエへ移動して行いました。
みなさん、本当に刺繍がお好きな方ばかりのようで、最初は黙々と作業されてましたが、
次第にその夢のような空間に落ち着かれ(講師談)、和んだ雰囲気で談笑されていました。
P1010348.jpg
時間が少し足りなかったのか、はたまたemilie*の図案が高度(?)だったのか...
こんな感じに出来上がり*あとはご自宅で続きを頑張りましょう♪
P1010355.jpg

再びサロンへ戻って、贅沢なティータイム*
B.G.M.もオープニングの「アコーディオンベースのミュゼット」から
「E.ピアフなどのフランスのシャンソン」に変えました♫(気づいてくれたかしら...)
今回もパティシエールのEMIさんに作っていただき、おいしいと大好評♡
アーモンドの風味豊かな四角い焼き菓子で、
ブルーベリーなどのベリー系"Carré de Myrtille"と柑橘系の”Carré des 3 Agrumes"の2種に
emilie*作のはっさくジュレを合わせました。
ハーブティは6周年記念限定の”Framboiseフランボワーズ”を
ホットで召し上がっていただきました。
P1010353.jpg

そして、お庭でサシェに入れるハーブの収穫体験。
みなさん、思い思いのハーブを摘み、香りに癒されたご様子でした。
P1010358.jpg

ご自宅へ戻られたら、乾燥させて、サシェを仕上げてドライハーブを詰め、
ふわっと香った瞬間にでも、サロンでのひとときを思い出していただけたら幸いです*
P1010367.jpg

東京からはるばるお越しいただいた講師の矢崎さん、お疲れさまでした!
また...いつでもいらして下さいね*

春のハーブティ茶会*2016 [ワークショップ]

*春のハーブティ茶会・2016*
〜「美しく年を重ねる」+”若返りの魔法の水”作り〜

春は植物が芽吹き、万物が生き生きと活動を始める時期ですが、
同時に蓄積していた体内の毒素が表面に現れやすくもなります。
特に更年期前後の女性にとっては、さまざまな症状が気になる季節かも知れません。
今回のお茶会では、そんな方々におすすめのハーブティをご紹介するとともに、
ワークショップでは、肌にうれしいハーブウオーターを作ります。


       日時: 3月20日(日)13h30〜15h00
       場所: サロン・ド・テ エミリー
       会費: 2,800円(材料費込・ハーブティ&デザート付き)
       定員: 6名
   ドレスコード: 薔薇モチーフのものを何か身につけてお越しください。

***************************************

よく晴れた春分の日、今年初めてとなる春のハーブティ茶会を催しました。
参加者は久々にお越しのリピーターの方で、近況報告など交えてゆるゆると...

ドレスコードは偶然にも薔薇のブローチ*
Cさんは赤い珊瑚、emilie*はpraliné時代にフランスで買い付けたアンティークの
アイボリーのものを身につけて...
他にもバッグやハンカチを持って来てくださっており、
こちらもストールやタイツ、ルームシューズなど薔薇づくし⁂
P1010192.jpg
いざ、本題の”更年期におけるアンチエイジング対策”のレクチャーでは、
Cさんは、うらやましいことに該当する症状とは無縁のストレス知らずでしたが☆
今後の予防やご家族、ご友人のためにはなったのでは...

P1010195.jpg
本日のウエルカムウオーターはローズウオーター。
ハーブティはBeautéボーテ、デザートはさくらのマカロン蒸しパンです。
おみやげにはもちろん、ミモザの花をプレゼント*

P1010197.jpg
そしてワークショップでは”若返りの魔法の水”を作り、
限定販売のブレンドハーブティ”ボーテ”をお持ち帰りになれば...
素敵なマダムの出来上がり⁂



秋分のおやつ茶会*2015 [ワークショップ]

*秋分のおやつ茶会*

9月のテーマ: 秋の夕べに文学とお茶を楽しむ

今秋のハーブティ茶会は、”読書の秋”にふさわしく、
竹島にある海辺の文学記念館を訪れた後サロンへ移り、
各人が持ち寄ったお気に入りの本の中から心の琴線にふれたフレーズを取り上げ、
お茶を楽しみながら言葉のもつ奥深さや心情について語り合いましょう。

emilie*自身特別文学に造詣が深いわけでもなく、初めての試みなので、
どんなお茶会になるのかふたを開けてみないとわかりませんが、
”読書家”でなくても興味のある方はお気軽にご参加ください。
何か思い悩んでいる時は、希望の灯りを照らすヒントが見つかるかも知れません。

当日は春から仕込んだレモンバーム入りの梅酒もきっと飲み頃に...。
「中秋の名月」も近いことですし、
きれいなお月さまを眺めながらの帰り道も乙なものでしょう。


    日時: 9月23日(水) 14h00〜18h00頃
  集合場所: JR蒲郡駅内ナビテラス(観光協会) 14h00集合
        レンタサイクルで海辺の文学記念館へ移動した後
        徒歩でサロン・ド・テ エミリー
   参加費: 1,500円(ハーブティー&おやつ付き)
    定員: 2名より開催
   持参物: お気に入りの本1冊とその本にぴったりなおやつ1品     
  参加条件: 自転車と徒歩で移動が可能な方

****************************************************************************************************************************************
今年の秋分のおやつ茶会のテーマは、”秋の夕べに文学とお茶を楽しむ”。
当日は前庭の彼岸花(別名の曼珠沙華の方が素敵⁂)がちょうど満開でした*
PICT2522.jpg

朝から準備に勤しみ、集合時間の少し前になると、
あわてて集合場所の蒲郡駅へマイ自転車を走らせました。
これまで2度ほどサイクリングツアーを行ってきましたが、
いずれも朝一開始だったためレンタサイクル用の自転車をなんとか確保できました。
そう、実は予約ができないのです!
今回は午後からなので不安でしたが、運を天にまかせるしかありません。。
すると、どうでしょう...
なんとemilie*が到着する寸前に、親子連れが3名自転車を返却に来たではありませんか!
ああ、神さま...merci!
早速3名分のレンタル手続きを済ませていると、参加者の方々が来られ、ひと安心⁂

まずはマリンロードを通って海辺の文学記念館へと向かいました。
お天気は晴天*気候もちょうどよく、風が気持ちよいのですが...
emilie*はみなさんのvéloとは違い、電動アシスト付きでも何でもないので、
少々日頃の運動不足が足腰にきました☆
PICT2532.jpg
ここはいつ訪れても心安まり、建造物自体を見るだけでも趣があります。
スタッフの方も訊ねると親切に説明してくださり、
みなさんも各々の興味ある部分に、心奪われているご様子でした。

すっかり堪能した後、一旦駅へ自転車を返却し、サロンへ移っておやつ茶会の始まりです。
初対面同士まずは簡単な自己紹介の後、持ち寄ったお気に入りの本を紹介します。
emilie*が紹介したのは「庭づくりへの誘い」という本。
あれはこのサロンオープンに向けて初めての庭作りをしていた頃、
雑貨店の古本コーナーで本に呼ばれて買い求めました(?)。
庭づくりの方法というよりも心構えについて書かれ、
それをさらに日々の生活や人生に置き換えています。
中の挿絵や紙の質感もお気に入りで、今でもふとした時に開きたくなります。

その後、本日のハーブティ”Vertヴェール”をサーブし、
庭をイメージしたおやつ”自家製ブルーベリージャム&ボンヌママンのマロンクリーム”&
チャイブ入りクリームチーズで彩った黒豆粉入りパンケーキ”を召し上がっていただきました。
採れたてのフレッシュベリーと時計草の葉も添えて*
PICT2531.jpg
そして順番に持参した本とぴったりのおやつをご紹介いただきながら、
白熱したトークを展開していらっしゃいました。
PICT2539.jpg
自家菜園の野菜もいただきました♤
すすきは近くの河原でお月見を兼ねたこの日に合わせて用意しました!気づいてくれたかな...

ラストは、この会にふさわしく元教師をされていた方に締めていただき、
「総評してメンタルな部分に訴えかける作品を選ばれていた」ようでした。

”好み”や”興味”の対象が違うのは人それぞれ。
サロンに来られるお客さまも実にさまざま。
いたる所に飾ってあるちいさなオブジェやインテリアを見て、
「好きなものに囲まれて幸せですね。」という夢見がちな人もいれば...
「掃除が大変そうですね。」と現実的な見方をする人もいます。
ひとり一人異なるのはあたりまえ。
個性として受け止め、思いやり思いやられる関係を築けるのが大人社会なのだろうと
考えられるようになったのは、ごく最近のことです。
それには本の影響も小さくないことでしょう。
これからもそんな素敵な本に出会った時は、押しつけるのでなく
さりげなくご紹介できたら幸いです*


夢みる魔女のハーブティ茶会WSレポート [ワークショップ]

*夢みる魔女のハーブティ茶会ワークショップ*

魔女が薬草を混ぜ合わせるように、ご用意した数種類のハーブの中から
お好みのハーブを選んで、オリジナルのブレンドティーを作ってみましょう。
仕上げに魔法のフラワーエッセンスをふりかけます⁂

    日時: 6月21日(日)・25日(木) 13h00〜15h00
    会費: 2,800円(材料費込・おみやげ用ハーブティ&お菓子付き)
    定員: 各日6名
ドレスコード: ”魔女”から連想されるものを身につけてお越しください。

********************************************************************************************************************
昼と夜の長さが同じになる夏至の前日、
5周年記念の「夢みる魔女のハーブティ茶会」を開きました。

当日は朝から梅雨にふさわしいお天気。。
今回は珍しくemilie*のパワー不足?と思いきや...
なんと、お茶会の始まる直前から薄日が差してきたではありませんか!
これぞ、魔法⁂
PICT2410.jpg
前庭のノウゼンカズラも嬉しそう♪

参加者の方々は遠方からお出かけなので、激しい雷雨に不安を感じながらも
蒲郡駅からは傘いらずでほっと、ひと安心*
みなさん、思い思いの魔女からインスピレーションされるものを身につけてご来店。

まずはマロウブルーのハーブウオーターでおもてなし。
前庭のマロウブルーのお花を浮かべ、レモン水で恒例の”魔法”を味わっていただきます⁂

今回のワークショップでは、ご用意した10種類のハーブをシングルで試飲していただき、
効能や味などから自分好みのハーブ3種類を選んでオリジナルブレンドを作ります。
PICT2415.jpg
ずらっと並べると色も全然違う☆どれにするか悩みます。。

PICT2418.jpg
決定したら配合を決めてブレンド。
この瞬間が”魔女”を感じる魔法の時間⁂

PICT2425.jpg
マイブレンドの出来映えを味わってみます。
みなさん、ご満悦の表情♡
名前もつけていただきました。
”La vie en Rose"、"魔女のララバイ”などブレンドにぴったりのネーミングですね!

PICT2424.jpg
デザートは、またしてもマロウブルーづくし*
マロウブルーベリージュレに感動してくださいました。

ワークショップ後はアトリエや屋根裏ギャラリーをご覧いただきお買い物。
リヤドではサロン・ド・テ エミリー5周年にちなみ、
名古屋のショップ、プラリネ5周年記念に制作したプロモーションビデオを鑑賞♪
プラリーヌもいらっしゃったので、しみじみ懐かしんでおられました。
(ここサロン・ド・テ エミリーのビデオもいつか創りたいなあ。。)
これで終わりと思いきや...
なんとお客さまからのサプライズが!!
PICT2429.jpg
わざわざ重そうな楽器をお持ちくださり、生演奏をご披露。
アコースティックギターのやさしい音色に癒されました♪

さらに、、
即興でemilie*のための5周年祝いの歌を作ってくださったのです*
♪☞http://youtu.be/71VoUHK2-fE
思いがけない感激のプレゼントをいただき、
魔法にかけられたようなその日の夜は、
毎夜身体の凝りに苦しんでいたのがうそのように軽く、
かたまりがほどけていくのを感じました⁂

お菓子教室&ラッピング講座* [ワークショップ]

*春のハーブティ茶会・2015*
〜La table bleue のお菓子教室&emilie* のレースペーパー・ラッピング講座〜

暦の上で立春を過ぎれば、春はもうすぐ...。
サロン・ド・テ エミリー2015年最初の春のハーブティ茶会は、
これまでサロンのイベントで数々の素敵なお菓子を提供してくださった
お菓子作り案内人のいずみえみさんをお迎えして、
待望の「お菓子教室」を開きます。

今回は、オーブンを使わずにご家庭でも簡単にできる
フランスのマシュマロ”ギモーブ”を作ります。
ヨーロッパでは復活祭を迎えるこの時期、
春の到来を祝うカラフルなイースターエッグを思わせる
ふわふわモチモチのハーブ入りギモーブを作れば、
大切な人にも幸せのお裾分けをしたくなるはず。
そこで、お菓子作りの後はemilie* の
「レースペーパーを使ったラッピング・ワークショップ」を行います。

そのあとは楽しいティータイム。サロンの窓から臨む秘密の中庭のミモザを眺めながら、
おしゃべりやお買い物を心ゆくまでご堪能ください。


       日時: 3月14日(土)13h00〜16h00
       場所: サロン・ド・テ エミリー
       会費: 4,200円(両方の受講料&材料費込・ハーブティ付き)
      持参物: エプロン、筆記用具、布巾、持ち帰り用容器
       定員: 6名(2名以上で開催)
   ドレスコード: パステルカラーのものを何か身につけてお越しください。

いずみえみプロフィール☞菓子作り案内人。フランスのパリ料理学校・4つ星ホテル
レストラン研修で学んだ技術をもとに選りすぐりのレシピと
菓子作りの楽しさを伝える”ラ・ターブル・ブルー”お菓子教室を主催。

*******************************************

春うらら...となりそうな予感の土曜日、春のハーブティ茶会を催しました。
PICT2172.jpg
今回初めての「お菓子教室」ということで...
カウンターの上をすっきり取り払い、うれしはずかし(?)のオープンキッチン状態☆
秘密の中庭のミモザと、ユーカリに吊した鳥かごに集うトリさんたちを見ていただこうと、
前日にサロンとアトリエの窓をふきました⁂

参加者は2名で、みなさんドレスコードの”パステルカラー”を身につけてご来店。
ちなみにemilie*はcuisine et jardin emilie*の”リヨンの料理人タブリエ”を身につけていました!
セミオーダー可能ですよ♪(”cuisine et jardin emilie*”カテゴリーをご参照ください。)

いよいよ講師のいずみえみさんのもと、お菓子教室の始まりです。
ふだんはご自宅の設備の整ったキッチンで教えていらっしゃるえみさんですが、
一般家庭でも簡単にお菓子作りができるよう、わかりやすく説明してくださいました。
PICT2188.jpg

テーマの”Guimauveギモーブ"はフランスのマシュマロ。
アオイ科の植物から来ています。
サロンの庭にも植えられている”マロウブルー”も仲間で、
粘膜の保護や美肌に一役買ってくれる頼もしいハーブ*
これはうれしい効果も期待できそうなお菓子♪...とみなさんの頬もゆるみます。
PICT2203.jpg
作ったのは、以前サロンのきまぐれメニューでも大好評だった”ミルクはちみつ胡桃”と
”マンゴーココナッツ”の2種類。
真剣ながらも楽しそうに作業する参加者の方々。
PICT2204.jpg
出来上がって乾燥するのを待つ間...
アトリエに移動してemilie*の「ラッピング講座」に移ります。

PICT2208.jpg
ちょうどさんさんと(磨いた☆)窓からの日差しが入る中、
紙コップとレースペーパー、マスキングテープなどを使って、
思い思いのパッケージを制作していただきました。
PICT2211.jpg
みなさん、それぞれの個性が出て素敵な仕上がりに*

続いては、いよいよ楽しいティータイム♪
PICT2213.jpg
フランボワーズ&ミントのギモーブに、マカロン、ブラウニー...と
贅沢なプチフールを盛りつけてサーブすると
えみさんのおいしいお菓子に絶賛の嵐!?
(朝摘んだヴィオラの花を添えるのを忘れてしまったうっかり屋のemilie*。。)
ハーブティはフレーバーティのココ・バニーユを合わせました。
お好みでミルクや豆乳と煮出してもおいしいのです*

PICT2216.jpg
おみやげはミモザのミニブーケ⁂
みなさんの幸せそうな笑顔が印象的でした。



前の10件 | - ワークショップ ブログトップ