So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン

Noël ノエル [ハーブティ]

毎年12月のおすすめブレンドは”Noël”(ノエル)⁂
今年は1ヶ月早めて、サロンのメニューに登場しています。
身体をあたためてくれるスパイス系のハーブや抗酸化作用のあるハーブに
アールグレイの紅茶をブレンドしたクリスマスにぴったりのお茶です。

また、今年もクリスマスまでの期間限定商品として
おなじみHütte Paper Worksのクリスマスカードが付いた
ティーバッグタイプのノエルを販売しています。
P1010538.jpg
カードはツリー、リース、サンタクロースの3種類⁂
ちょっとした贈りものやご自宅用にいかがですか♪



五感を刺激すること [vivre ma vie]

最近の自身の関心事はと言えば...
”入院している父をどのようにして人間らしい本来の姿に戻せるか”であった。

今年に入ってから病院を2度転院し、その間施設に入所したり移動の多い生活は、
ただでさえ苦痛を伴う身障者1級の身にはつらいことだったと思う。
1年前はまだ自宅で歩行器で歩くことが可能だった父の身体機能は一気に衰え、
病院のベッドで寝ているだけの生活は、どんなに退屈極まりないことだろう。
父が「強かった」と自負していた囲碁や将棋をすることもままならず、
熟読していた新聞や本を勧めても読む気にならないし、テレビも見たくないと言う。

見舞いのたびに父の好物を持参して、それを食べさせてもらうのが
せめてもの愉しみだったろうが、誤嚥を防ぐため食物は限られ、
あるべき形状をとどめていないこともしばしばで、
「こんなの○○ではない」とこぼす始末。
そうか、料理は見た目や匂いでも味わうものなのだと改めて思う。

いつしか父からは笑顔が消えていき、いつも虚ろな表情をしている。
そこであまり気の利く方でない私なりに、一生懸命考えた。
もう一人の要介護者、父の姉である叔母と異なり、父はまだ耳がよい。
CDも持っていたが、自分で録音したカセットテープをたくさん所有していた。
その中から一番好きと思われる吉田拓郎のベストを選び、
この家"Maison Praliné"の元主、亡き叔母(母の姉)が社交ダンスのために愛用していた
カセットデッキを拝借し、病院へ母とともに赴いた。
母には「そんなの無理」と遮られたが、私には何となく確信めいたものがあった。

病室へ入ると、ちょっと重々しい古い型のデッキを設置し、父の耳元にイヤホンを当てた。
ほどなくして父は...
「涙が出てくる」とぽつりと言った。
”やった!成功だ☆感動してくれた♪”
私は心の中で叫び、母は父の目元をぬぐってやった。
「やっぱり拓郎はいいねえ。この歌が一番好き」と『旅の宿』に差しかかった頃、
看護師さんが入って来て、「私たちの青春時代だわ」と言われ、
そのままデッキを置いていってもよいと許諾してくれた。

ほんの些細な出来事だったが、何となく心がじんわりして、
自分よりも人の心を動かすことは難しく、それができた時はより嬉しくなるものだと
つくづく実感した*


ガーデニング・ボランティア募集のお知らせ [ガーデニング・ボランティア]

下記の内容で2014年3月より開始した「ガーデニングボランティア」も
リピーターさんのおかげもあり、嬉しいことに現在も継続しております。

今回は、暑さも和らぎ、これから休眠期に入る植物たちのために、
ふかふかのベッドを用意したり、根が廻って堅くなってしまった土を再生したりなど...
地味ですが大切なメンテナンスの作業をお手伝いして下さる方を募集いたします。
募集時期は11月半ば以降です。
作業可能な方は、お気軽にご応募ください。
(これまでの詳細は、本HPの「ガーデニングボランティア」のカテゴリーを
ご参照ください。)

ガーデニングボランティアは、随時募集しています。
作業はお天気のよい午前中に行います。
ご希望の方は、可能な候補日(2〜3日)をメール☞MaisonPraline@zg7.so-net.ne.jp
(数字含め、すべて英数小文字に入力し直してください)
またはお電話&FAX☞0533 68 0118にてご連絡ください。
経験は問いません。体力に自信のある方、お待ちしています!

PICT1784.jpg
こちらは、梅雨の晴れ間に行った第3回ガーデニング・ボランティア風景!
菜園コーナーの役目を終えた苗を取り除き、開墾して新しい種を蒔きました。収穫が楽しみ♪
終了後は前回収穫したじゃがいもを使ったスープのまかないランチ♫
暑い中、庭作業ありがとうございました。(2014.6)


******************************************
サロン・ド・テ エミリーにはそれほど大きくはない前庭と秘密の中庭の2つのお庭があり、
オープン前から庭素人のemilie*が一人で開墾し、試行錯誤しながら創り上げてまいりました。

それから数年が経過し、庭もそれなりに育ってきましたが...
毎日の小さな作業以外で、節目節目の体力仕事も少なくありません。
しかしながら最近は、めっきり力仕事ができなくなり、
これまでにも腰や足の指の骨折などで休業し、ご迷惑をおかけしてきましたが、
繰り返しの入院以降、体力の衰えは否めず、
無理をすると数日は仕事にならず。。

そこで...
もし体力に自信があり、土に触れたりすることのお好きな方がみえれば、
ガーデニングの作業をお手伝いいただけると幸いです。

ボランティアによる報酬はありませんが、
鳥のさえずる穏やかな空間で自然と触れ合い、
ささやかなまかないランチとハーブティでおもてなしいたします。

募集はその都度必要に応じて行う予定です。
日程は応募された方のご都合と調整しながら決めたいと思います。
お庭にくわしい方も、そうでないけど体力には自信がある方も
「われこそは」という方、是非ご一報ください!(2014.3)



ごりやく市*emilie*出店リポート [イベント情報]

<2018.10.28>
ごりやく市の記事を書くにあたり、初出店のリポートを振り返ってみると、
5年半にもなるのだなあと改めて感慨深いものがありました。
当初は”ハーブティー”を前面に打ち出し、初めての方にも知ってもらいたい
という思いで出店してきました。

その後紆余曲折を経て、現在のように雑貨の割合が多くなりましたが、
当初は客層が違うのではないかと自問自答したり、出店先が店の雰囲気と合わないのではと
助言されたりしたこともありましたが...
売り上げはさておき、今回は偶々知人や顧客さまが何人か訪れてくださったこともあり、
純粋に楽しめました♪

弊店は予約制のため、敷居が高いと思われているのか面倒なのか、
既知の仲となっているpralinéの頃の名古屋方面の顧客さまのように
なかなか市内近辺の方に「わざわざ予約して来店する」スタイルが定着しづらく、
まずは知ってもらう意味で出店を始めました。
その中で興味を持ってもらえた方にご来店していただければよいなあと...

回を重ねるうちに、そのイベントの雰囲気や客層、ニーズがわかってきて、
自店のイメージを保ちながらも「郷に入っては郷に従う」ことも
必要だと思うようになりました。
そして、その場ならどんなものを提供すればよいかと考えることも勉強であり、
ビジネスの幅を広げることにもつながります。
クオリティを求めて、大きなイベントへチャレンジするのは過去の自分。
今後変化することもあるとは思いますが、
今は、自身の体調や要介護の家族などさまざまな環境を踏まえた上で
できる可能な範囲、身の丈にあったことをこつこつ続けていくこと、
頑張り過ぎないことが基本です。
それが...店から商品を運ぶのに車で1〜2分、テントと机は貸し出してもらえるし、
一人で困っている時には手を差し伸べてくれる人がいる”福寿稲荷ごりやく市”なのです*

IMG_1679.jpg
ゆるキャラのこんきちくんもお手伝い☆!?
emilie*が寒さに耐えられるようなら、来月も出店予定!
お子さま連れやサロンへ初めて来店されるのをためらってる方など、
まずはごりやく市へ是非一度お越しください*


*****************************
<2013.3.24 初出店>
いってまいりました!福寿稲荷ごりやく市!!
数日前から危ぶまれていた天気予報も何のその!
やっぱり晴れ女のemilie* でした♪
(午後はちょっと寒かったけど。。)

初めて参加ということもあり、不安材料はいっぱいでしたが。。
みなさまのあたたかい援助やふれあいを肌で感じ取り、
普段のお店の雰囲気とはまた違った開放感溢れる中、
ちょっぴりフランスの蚤の市を思い起こしながら、
楽しい一日を過ごすことができました*

数少ない蒲郡市内の顧客さまにもお越しいただけましたが、
”ハーブティ初体験”の方がほとんどで...
「ちょっと薬草っぽくて苦手」とおっしゃる年配の女性、
「私たちにはまだちょっと早い大人の味がする」という女の子たち...などなど
お味の感想はさまざまでしたが、それでも試飲されて「これなら飲めそう」と
購入して下さる方がみえたことは率直に嬉しかったです*

PICT0871.jpg
ごりやく市のゆるキャラ”こんきち”くん♤

PICT0870.jpg
「花粉症におすすめのハーブティ、いかがですか♫」の声に、マスク姿の方、反応◎

PICT0869.jpg
ごりやく市限定商品の“Quatre Saisonsキャトル セゾン”⁂
春・夏・秋・冬を意味するハーブティが4種、蒲郡産六重織りガーゼのポーチに入っています。
素材感と刺繍に”癒される”と好評でした*

PICT0867.jpg
テントを張るのは初めて!?本部の方にお手伝いしていただきました。。
雑貨も少し販売しました。市販の仕入れのものは避け、オリジナル商品や
フランスのブロカント品などの一点ものに絞ります。

PICT0874.jpg
ごりやく市認定商品のカレーパンを売るボランティアの少年たちが、
さくらAPのイベント”Village Français”で、すずらん売りを演ってくれたルイくんに重なり、
買ってしまいました。結構ボリューミー☆

PICT0875.jpg
チンドン屋も登場!!
何を隠そう、emilie*とエーテル音楽隊の目標は、これの可愛いバージョンなのだ*
いつになることやら。。

PICT0878.jpg
すぐ隣では大道芸人の寸劇が上演されてました。
他にも催しいろいろ♪


アンティークショップで働いていたこともあるemilie*ですが、
パリでよく蚤の市巡りをしていた頃、そこで働く人々に興味津々でした。
彼らは基本的に土日営業なので、他の日は何をしているのだろうとか、
お隣さん同士、店の脇でテーブルを囲んでランチしてる姿を見て楽しそうとか...
実際は大変なことも多いのでしょうが、その気ままなスタイルに憧れを抱いたりもしました。

毎日はちょっときついけど、たまには違う空気を吸うのも新鮮です。
体験してみたからこそわかること、反省点など課題はありますが...
共感してくださる方や興味を持ってくださる方は必ずどこかにいて、
こつこつ続けていれば、新たな出逢いや発見も生まれることでしょう。
時には花や鳥以外の老若男女とも会話しないとね⁂
これからも不思議な味のする魔法の飲み物を、ご紹介していきたいと思います*

*2回目に出店した4月28日(日)の模様が
インターネットTV「こちら三河放送局」でご覧いただけます。
5/12編集の「福寿稲荷ごりやく市」の記事です。
emilie*も取材を受けたのですが。。
最後の最後まで見ないと見られません(笑)!
でも局長さんにハーブティを購入していただきました!
merci!

ハーブティ付カレンダー* [ハーブティ]

カレンダーを作り始めて20年あまり。
ハーブティ付カレンダーを作ったのが約10年前。
それ以来、何となく一年を締めくくる仕事となりました。

P1020202.jpeg
2019年のカレンダーは、季節毎におすすめのハーブティを
各1種ずつティーバッグに詰めました。
今回は”ジャポネ、ボーテ、シトロン、キャラメル”の4種で、
定番にないラインナップを揃えました。
ティーバッグはお試しサイズなので、お気に入りが見つかれば
通販でまとめてご購入いただけます。
この機会に是非ご活用くだされば幸いです。

*代金は1,200円。商品お渡しは12月より開始。
ご希望の方はメール☞MaisonPraline@zg7.so-net.ne.jp
(数字含め、すべて英数小文字に入力し直してください)または店頭まで
事前予約の上、12月中にご来店いただいた際にお支払いいただくか
銀行振込となります。(郵送の場合は別途振込手数料+送料がかかります。)
申込み締め切り;12月15日

ハーブと共に健やかで穏やかな毎日を*

キンモクセイ* [ハーブティ]

今月のウエルカムウオーターは”キンモクセイ”*
中国茶では”桂花茶”としても知られています。

P1010961.jpg

金木犀の花が咲いているこの時期だけにしか味わえないフレッシュティー。
その芳しい香りでリラックス効果や疲労回復が促され、
他にも胃に働きかけ胃炎等を鎮めたり、皮膚アレルギー、
咳や痰止めの効果もあると言われています。

花が終わり次第終了となります。
この機会にぜひどうぞ*

Noir ノワール [ハーブティ]

今月のおすすめハーブティ”Noir"(ノワール)はほろ苦い黒豆茶ブレンドで、
むくみや便秘を解消するお手伝いをしてくれるハーブたちが入っています。
夏の間にたまった疲れや冷えをデトックスして解消しましょう。

PICT1928.jpg
カレンダーを作り始めて20年あまり...。
当初は自分で撮った写真をモチーフにしたものでした。
ハーブティに携わるようになってからは、おもにハーブティ付きカレンダーを制作しています。
こちらは2010年制作のもの。


*カルダモン入りカフェNoirノワール*

このたび”コーヒー好き”の方々のために...
ノワールの進化形”カルダモン入りカフェNoir”ができました*
ハーブティを”蒸らす”時間を”煮詰める”行程に変え、
カルダモンのスパイシーな香りが加わり、より「コーヒーに近い味」に⁂
(...したつもりですが、emilie*はコーヒーは甘いカフェオレしか飲めないため、
正確には定かではありません。。)
是非店頭でお確かめくださいませ*(2015.2)

PICT2146.jpg

秋のデザート♧ [きまぐれメニュー]

「食欲の秋」と言われるように、秋はグルメの季節でもありますね♪
サロンでは、この季節ならではの限定デザートをご用意しています。
emilie*のデザートはいつも気まぐれ♫
自然のほどよい甘さでお茶の味を損なうこともなく、
サイズも可愛いのでカロリーをそれほど気にせず食べられるおやつに最適◎
ぜひハーブティとセットでご注文ください。


*かぼちゃの豆乳プリン*

IMG_1593.jpg
ご近所の素人農家さんから可愛らしいかぼちゃをいただいたので、
プリンを作ってみました。
かぼちゃは薬膳では温性、甘味にあたります。
夏の間に弱った胃腸を整え、温めてくれます。
黒蜜と皮のシロップ煮をトッピングして召し上がれ♪
(2018.9.26)


*りんごのクランブル風バニラアイス添え*

PICT1903.jpg
りんごをじっくり煮詰めてコンポート仕立てにしたデザートは、
ブルターニュのサブレを敷けばタルトタタン風*
お客さまからもお墨付きをいただきました。
そして、さらにアレンジを加えたら”りんごのクランブル風”のできあがり♪
バニラアイスクリームを添えてどうぞ⁂
(2014.10.11)

薬膳デザート&ドリンク [きまぐれメニュー]

今夏より新たに、薬膳を取り入れたメニューを始めました!
ハーブティと合わせて召し上がっていただければ、相乗効果が期待できそう♫


*すっきり☆杏仁豆腐*(2018.9.25)

薬膳を取り入れたメニュー第2弾は...
エルダーベリージャム&クコの実をトッピングした豆乳の杏仁豆腐*
肺と大腸を潤し、疲労回復を促してくれます。
美肌効果も期待できそうな女性に嬉しいデザートをご賞味あれ♪
P1020183.jpeg



*季節の豆乳ヨーグルトスムージー*(2018.7.12)

今年から新たに、薬膳を取り入れた夏の新メニューが登場♪
こちらはキウイ&ポタジェで育てたシソをミックスし、
自家製ブルーベリージャムをトッピングした季節の豆乳ヨーグルトスムージー*
夏は暑邪、火邪、湿邪などを引き起こしやすく、身体を冷やすことも必要ですが…
冷やす性質のある食材を使うため、氷は入っていません。
英気を養い、暑い夏を乗り切りましょう!
FullSizeRender.jpg

福寿稲荷ごりやく市・3〜5月&9〜11月 [がまごおり情報]

サロンの近くの蒲郡中央通り商店街では、春と秋の毎月第4日曜日に
”福寿稲荷ごりやく市”が催されます。

秋の部は、今年は来週9月23日(日)より始まります。
今回久々にemilie*も出店予定!(過去の様子は「イベント情報」の”ごりやく市レポート”参照)
是非お誘いあわせの上、お越しください♪

******************************

(以下、2012.11.25現在レポートにつき、出店店舗はその都度変更あり)

ここのところ雨続きだったのですが、本日はうららかな晴天*
お昼休みにお散歩がてらお出かけしたので、その様子をレポートします。

サロンを出て神倉公園を抜け、右にサトちゃんの薬局、向かい側に和菓子屋がみえたら、
(「蒲郡駅からの道のり」参照)そこはごりやく市のメインストリート。
すると、いきなりフラダンスのイベントに出くわしました☆
他にも寄席など、その日によって異なるイベントが行われます。
PICT0637.jpg
emilie*のお目当てはグルメ♪
出店者は大抵おなじみさんのようなので、「次回はあのお店にしようかな...」と思いつつ、
やっぱりお気に入りのいつものお店で購入してしまいます。。
そんなemilie*おすすめのフードは...

まずはお弁当屋さんのマフィン*
ここのマフィンはボリュームたっぷりで、ほとんどの種類を食べ尽くしてしまい。。
今日はアールグレイをいただきました。
PICT0638.jpg

定番のみたらしだんごのお店にも必ず立ち寄り、1本買って
その場でたいらげてしまいます。

そして...今日はラッキーなことに焼きいもをやっていました♡
人気があって焼き上がり順番待ちなのですが、「小ぶりのでよければ」と言われ、
お先に手に入れることができました♪
PICT0640.jpg

もう十分なのですが、さらに進むと前から気になってたペルー料理のお店が。。
迷った末、"パパ レレナ"という牛挽肉とじゃがいものコロッケのような総菜と
”マサモラ モラダ”という紫トウモロコシを原料とした半ゼリー 状のものに
フルーツを混ぜたような甘いデザートを購入!
(こちらを後で、アールグレイのマフィンと一緒に食べたら絶品でした*)
いろいろなものを少しずつ食べたい派なので、残りはおみやげかな。。
PICT0642.jpg

日差しが心地よいこんな日は、公園で食べても気持ちよいものです。
たまには地元の風景になじんでみるのもおもしろいかも。


サロン・ド・テ エミリーへご来店された方の多くは、そこに“異国”を感じられるようで...
パリ旅行から戻られたばかりのお客さまは、まだその余韻からさめやらぬご様子で、
「ここに来るとパリを感じるから」と、楽しかった出来事を思い出しながら、
お話を聞かせてくださいました*

そういえばpralinéの頃、さくらアパートメントのさくらまつりで、
emilie*プロデュースの”Village Français”(フランス村)というイベントを
企画したことがありました。
フランス人の友人知人に協力してもらい、1日限りのちいさな“フランス”を創り上げました。
かつてないほど多くのお客さまにお越しいただき、最高に盛り上がった楽しいイベントでした。
(詳細は店内設置のイベントファイルでご覧いただけます。)
”ごりやく市”とは内容が全然異なりますが、やっぱり人は何か楽しいことを求め、
そこに集うものなのですね。

お店の形はさまざまです。
これからも、訪れた方が元気を回復して日常へ戻られるような
非日常の空間を提供できたら...と思っています⁂